1937年没の人物

概要

 1937年(昭和12年)に死亡・亡くなった人物の一覧を掲載しています(五十音順)

 ※出身地は生まれた都道府県、出身地の市町村は現在の市町村、出没年は西暦で掲載しています。

一覧

名前出没年出身地概要

あしわらきんじろう

葦原金次郎
1852年~1937年石川県
金沢市
その他

戦前に、明治天皇への直訴未遂事件を起こし、その後「葦原将軍」を自称した人物

いそべあさいち

磯部浅一
1905年~1937年山口県
長門市
軍人

陸軍士官学校事件や二・二六事件を起こし刑死した帝国陸軍軍人

うえだかずとし

上田萬年
1867年~1937年東京都
新宿区
学者

明治時代に、標準語や仮名遣いの統一化に尽力した言語学者・国語学者

うちだりょうへい

内田良平
1874年~1937年福岡県
福岡市
活動家

戦前に「黒龍会」を組織し、孫文の辛亥革命の支援、日韓合邦の推進などを行った国家主義者

うりゅうそときち

瓜生外吉
1857年~1937年石川県
軍人議員

第4戦隊司令官として、日露戦争当初の仁川沖海戦で勝利を収めた帝国海軍軍人

おおもりきんごろう

大森金五郎
1867年~1937年千葉県
長南町
学者

源頼朝の研究家として知られ、鎌倉時代の武家研究に尽力した戦前の歴史学者

きたいっき

北一輝
1883年~1937年新潟県
佐渡市
活動家思想家

戦前に、ニ・ニ六事件の理論的指導者と目され逮捕・刑死した社会運動家・国家主義者

きのしたなおえ

木下尚江
1869年~1937年長野県
松本市
記者活動家作家

足尾鉱毒問題などに論陣を張ったり、反戦小説『火の柱』などを著した新聞記者・社会運動家

じゃっくしらい

ジャック白井
1900年頃~1937年北海道
函館市
軍人

戦前に日本で生まれ、アメリカに密入国し、スペイン内戦に参加した義勇兵

とうみやかねお

東宮鉄男
1892年~1937年群馬県
軍人

張作霖爆殺事件の実行者で、その後、満蒙開拓移民を推進し、「満洲移民の父」と呼ばれた帝国陸軍軍人

なかはらちゅうや

中原中也
1907年~1937年山口県
山口市
詩人歌人翻訳家

『山羊の歌』『在りし日の歌』『汚れつちまつた悲しみに』などを著した、戦前の詩人・歌人

にしだみつぎ

西田税
1901年~1937年鳥取県
米子市
軍人思想家

国家改造論者として、二・二六事件の首謀者の1人となった帝国陸軍軍人・思想家

ひゃくたけしゅんきち

百武俊吉
1897年~1937年佐賀県
軍人

創成期の戦車隊長として、満州事変・熱河作戦などで、戦車を率いた実戦を戦った帝国陸軍軍人

ふくざわやすえ

福澤泰江
1871年~1937年長野県
駒ケ根市
首長議員役人

戦前に、全国町村長会(現:全国町村会)の創立に携わった赤穂村長

ほうじょうたみお

北条民雄
1914年~1937年韓国
作家

ハンセン病と闘いながら『いのちの初夜』などを著した小説家

まつうらうしたろう

松浦有志太郎
1865年~1937年熊本県
宇城市
学者活動家

正円形粃糠疹という疾患を命名するとともに、廃娼・禁酒運動を行った戦前の医学者

むらたみのる

村田実
1894年~1937年東京都
千代田区
映画監督脚本家俳優

「日本映画監督協会」の創立者の1人であり、映画『路上の霊魂』などを制作した戦前の映画監督・脚本家・俳優

むらなかたかじ

村中孝次
1903年~1937年北海道
旭川市
軍人活動家

帝国陸軍軍人だったが陸軍士官学校事件で免職となり、その後、二・二六事件の首謀者の一人となった人物

もりながたいちろう

森永太一郎
1865年~1937年佐賀県
伊万里市
実業家

戦前の経営者で、菓子メーカー「森永製菓」の創業者


 1937年に生まれた人物については、「1937年生まれの人物」をご覧ください。

 他の年については、「年一覧」をご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました