静岡県の出身者・ゆかりのある人物

概要

 静岡県の出身者や静岡県にゆかりのある人物の一覧を掲載しています(五十音順)

 ※出身地は生まれた都道府県、出身地の市町村は現在の市町村、出没年は西暦で掲載しています。

一覧

名前出没年出身地概要
出身者

あかいけ ひろつぐ

赤池 弘次
1927年~2009年静岡県
学者

統計モデル選択の手法である「赤池情報量規準(AIC)」を考案した統計学者

ゆかり

あぐい よしみち

安居院 義道
1789年~1863年神奈川県
秦野市
農家

二宮尊徳から報徳思想を学び、遠江国長上郡下石田村で、下石田社を結成し、報徳思想の普及を行った農業指導者

出身者

あしかが よしずみ

足利 義澄
1481年~1511年静岡県
将軍武将

細川政元に将軍として擁立されたが、前将軍足利義尹大内義興に京を追われ、将軍職を廃された室町幕府第11代将軍

出身者

いい なおかつ

井伊直勝
1590年~1662年静岡県
浜松市
大名武将藩主

井伊直政の長男で、佐和山藩主や安中藩初代藩主となった大名・武将

出身者

いい なおたか

井伊 直孝
1590年~1659年静岡県
焼津市
大名武将藩士

白井藩主・彦根藩主を務め、大坂夏の陣でも活躍し、譜代大名の重鎮として幕府を支えた大名・武将

出身者

いい なおとら

井伊 直虎
不明~1582年静岡県
浜松市
武将

井伊直盛の娘で、大河ドラマのモデルとなった戦国・安土山時代の女性領主

出身者

いい なおまさ

井伊 直政
1561年~1602年静岡県
浜松市
大名武将

「徳川四天王」の1人で徳川家康に仕え、数々の戦功をあげ、高崎藩主・彦根藩主となった戦国大名・武将

出身者

いい なおもり

井伊 直盛
不明~1560年静岡県
武将

女領主・井伊直虎の父で、今川家に仕えていたが桶狭間の戦いで討死した戦国武将

出身者

いしい ともお

石井 朝夫
1923年~2022年静岡県
伊東市
スポーツ選手

マスターズには3年連続で招待されるなど、1950~1960年代に活躍し、日本プロゴルフ殿堂入りしたプロゴルファー

出身者

いしだ れいすけ

石田 礼助
1886年~1978年静岡県
松崎町
実業家

商社「三井物産」の社長を務めた後、「日本国有鉄道」の総裁となり、国鉄の経営合理化に取り組み、東海道新幹線の開業などを行った実業家

出身者

いたくら しげまさ

板倉 重昌
1588年~1638年静岡県
静岡市
大名武将藩主

島原の乱で総大将となったが、統制がとれず、総攻撃を行い戦死した深溝藩主

ゆかり

いのうえ やすし

井上 靖
1907年~1991年北海道
旭川市
作家詩人

『天平の甍』『敦煌』『おろしや国酔夢譚』などを著した小説家

出身者

いまがわ うじざね

今川 氏真
1538年~1615年静岡県
大名武将

今川義元の子で、今川家滅亡を招くが、その後、北条家・徳川家の庇護を受け、生き延びた戦国大名

ゆかり

いまがわ うじちか

今川 氏親
1471年頃~1526年不明
大名武将

叔父・伊勢盛時の援助で家督を継承し、国法「仮名目録」の制定・検地の実施などを行うとともに、遠江を平定した戦国大名

出身者

いまがわ よしもと

今川 義元
1519年~1560年静岡県
大名武将

「海道一の弓取り」の異名を持ち、駿河・遠江を支配したが、桶狭間の戦いで織田信長に討ち取られた戦国大名

出身者

うらべ くめこ

浦辺 粂子
1902年~1989年静岡県
下田市
女優タレント

映画『清作の妻』『塵境』『お澄と母』など、数多くの映画に出演し、後年バラエティ番組でも人気を博した女優

出身者

えがわ ひでたつ

江川 英龍
1801年~1855年静岡県
韮山市
幕臣

反射炉を築き、日本に西洋砲術を普及させた幕臣

出身者

えんに

円爾
1202年~1280年静岡県
静岡市
僧侶

承天寺や東福寺などを開山し、静岡の始祖ともされる臨済宗の僧侶

出身者

おおいし またしち

大石 又七
1934年~2021年静岡県
吉田町
漁業者活動家

ビキニ事件で被爆し、核廃絶を訴えた漁師・政治運動家

出身者

おおかわ かずし

大川 一司
1908年~1993年静岡県
学者

明治時代から戦後にかけての統計である『長期経済統計』の推計・分析などを中心的に行った経済学者


 他の都道府県の出身者・ゆかりのある人物については、「人物の都道府県一覧」をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました