細川忠興

スポンサーリンク

概要

 細川 忠興は、足利義昭、織田信長豊臣秀吉徳川家康に仕えた戦国時代の大名・武将です。

名 前 細川 忠興
読み方 ほそかわ ただおき
別 名 熊千代(幼名)、長岡忠興
生没年 1563年11月28日(永禄6年11月13日)~1646年1月18日(正保2年12月2日)
出身地 京都(現:京都府)
時 代 戦国, 安土山, 江戸
備 考

名言

細川忠興による名言・至言です。

家来共に二度までは教へ申候、三度目には、切り申候

『名将言行録』


家中の者共は、将棋の駒と思ふべし

『名将言行録』


天下の御政は、角なる物に、丸き蓋をしたる様に遊ばされ、能く候はん

『名将言行録』

favicon-pencil

天下の政治において、四角い物に四角い蓋をするように、きっちりと対応を行えば、人々は息苦しく感じるので、丸い蓋をするように、緩やかさも合わせ持って対応したら、うまく行くという意。


参考

favicon-book岡谷繁実「名将言行録 (2) (岩波文庫)

投稿

 細川 忠興に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • トピックが見つかりませんでした。
  • 新しいトピックを作成するにはログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました