長崎県の武将・武士

概要

 長崎県で生まれたり、長崎県にゆかりのある武将・武士の一覧を掲載しています(五十音順)

 ※出身地は生まれた都道府県、出身地の市町村は現在の市町村、出没年は西暦で掲載しています。

  長崎県の出身者・ゆかりのある人物全体については、「長崎県の人物」をご覧ください。

一覧

名前出没年出身地概要
出身者

ありまはるずみ

有馬晴純
1483年~1566年長崎県
大名武将

勢力を拡大させ、島原半島一帯を支配下に治め、肥前有馬氏の最盛期を築いた戦国大名・武将

出身者

ありまよしさだ

有馬義貞
1521年~1577年長崎県
大名武将

近隣諸国の圧迫から、高来郡一郡を支配する小勢力にまで転落したが、同時に南蛮貿易で大きな利益を築き上げた戦国大名

出身者

おおむらすみただ

大村純忠
1533年~1587年長崎県
大名武将

日本初のキリシタン大名で、南蛮貿易を進め、長崎周辺の土地をイエズス会に寄進し、長崎港発展の基礎を築いた戦国大名

出身者

くすもとまさたか

楠本正隆
1838年~1902年長崎県
大村市
議長議員藩士

新潟県令として、日本初の国立市民公園「白山公園」の開設、「第四国立銀行」設立などを行い、名地方官と言われた人物

出身者

ごとうすみはる

五島純玄
1562年~1594年長崎県
大名武将

宇久氏第20代当主で、安土山時代に五島列島を平定した戦国大名

出身者

さいごうすみたか

西郷純堯
不明~不明長崎県
武将

有馬氏に仕えていたが離反し、その同盟関係の大村氏と戦うが、最後は龍造寺隆信に降伏した戦国武将

ゆかり

さかもとりょうま

坂本龍馬
1836年~1867年高知県
高知市
藩士

薩長同盟を成し遂げるなど、明治維新に貢献した志士

出身者

すえつぐへいぞう

末次平蔵
1546年~1630年長崎県
実業家幕臣

朱印船貿易で富を築き、長崎代官を務めた人物

出身者

ちぢわみげる

千々石ミゲル
1569年頃~1633年頃長崎県
雲仙市
武士信者

イエズス会による天正遣欧少年使節の正使で、4人の少年使節の中で唯一棄教したとされる人物

出身者

ていせいこう

鄭成功
1624年~1662年長崎県
平戸市
武将

台湾では、孫文・蔣介石とならぶ「三人の国神」の一人とされ、清に攻められていた明を擁護し、台湾に渡って抵抗し続けた武将

出身者

ふくちげんいちろう

福地源一郎
1841年~1906年長崎県
長崎市
ジャーナリスト作家劇作家幕臣官僚議員

政府系新聞『東京日日新聞』を主宰し、小説なども著した明治時代のジャーナリスト・作家・政治家

出身者

まつらたかのぶ

松浦隆信
1529年~1599年長崎県
大名武将

弱小の地方豪族であった平戸松浦氏を戦国大名にした武将


 他の都道府県の出身者・ゆかりのある人物については、「人物の都道府県一覧」をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました