滋賀県の人物

概要

 滋賀県の出身者や滋賀県にゆかりのある人物の一覧を掲載しています(五十音順)

 ※出身地は生まれた都道府県、出身地の市町村は現在の市町村、出没年は西暦で掲載しています。

一覧

名前出没年出身地概要
ゆかり

あけちひでみつ

明智秀満
不明~1582年不明
武将

明智光秀の重臣で、本能寺の変後に安土城を守っていたが、光秀の敗北を知り自害した戦国武将

出身者

あさのながあきら

浅野長晟
1586年~1632年滋賀県
大津市
武将藩主

浅野長政の次男で、足守藩主、和歌山藩第2代藩主、広島藩初代藩主などとなった人物

出身者

あさのよしなが

浅野幸長
1576年~1613年滋賀県
大津市
大名武将藩主

浅野長政の長男で、甲斐国の領主となるが豊臣秀次を擁護し配流となり、その後関ヶ原の戦いでの功で初代紀州藩主となった大名・武将

出身者

あざいすけまさ

浅井亮政
1491年~1542年滋賀県
武将

北近江の国人で京極氏の家臣であったが、京極氏の内紛に乗じ、北近江の支配を確立した戦国武将

出身者

あざいながまさ

浅井長政
1545年~1573年滋賀県
近江八幡市
武将

戦国時代に北近江を支配し、浅井家の最盛期を築いたが、織田信長に滅ぼされた武将

出身者

あざいひさまさ

浅井久政
1526年~1573年滋賀県
大名武将

父・浅井亮政の跡を継ぐが、勢力の弱体化を招き、六角氏に従属することとなった戦国大名

出身者

あしかがよしはる

足利義晴
1511年~1550年滋賀県
近江八幡市
将軍武将

管領・細川高国に擁立され将軍になるが、細川高国の敗北後、地位が安定せず、入京・逃亡を繰り返した室町幕府第12代将軍

出身者

あつじさだゆき

阿閉貞征
不明~1582年滋賀県
武将

浅井家の家臣であったが、織田信長に降伏・臣下となり、山崎の戦いでは明智光秀に与し敗北・処刑された戦国武将

出身者

ありまはるのぶ

有馬晴信
1567年~1612年滋賀県
大名武将藩主

日野江藩初代藩主で、大友宗麟大村純忠と共に天正遣欧少年使節を派遣したキリシタン大名

出身者

いいなおすけ

井伊直弼
1815年~1860年滋賀県
彦根市
幕臣藩主

幕末に幕府の大老として開国を推し進め、安政の大獄などを行い、桜田門外の変で暗殺された彦根藩

ゆかり

いいなおたか

井伊直孝
1590年~1659年静岡県
焼津市
大名武将藩士

白井藩主・彦根藩主を務め、大坂夏の陣でも活躍し、譜代大名の重鎮として幕府を支えた大名・武将

ゆかり

いいなおまさ

井伊直政
1561年~1602年静岡県
浜松市
大名武将

「徳川四天王」の1人で徳川家康に仕え、数々の戦功をあげ、高崎藩主・彦根藩主となった戦国大名・武将

出身者

いしだみつなり

石田三成
1560年~1600年滋賀県
長浜市
大名武将

豊臣政権の五奉行の一人で、関ヶ原の戦いの西軍の主導者である大名・武将

出身者

いそのかずまさ

磯野員昌
1523年~1590年滋賀県
武将

武勇に長け浅井家・織田家に仕えたが、織田信長に叱責され出奔した戦国武将

出身者

いそむらとし

磯村年
1872年~1961年滋賀県
軍人

関東大震災後に設けられた東京警備府司令官に就任した帝国陸軍軍人

出身者

いとうちゅうべい

伊藤忠兵衛(初代)
1842年~1903年滋賀県
豊郷町
実業家

明治時代に呉服店「紅忠」(現:伊藤忠、丸紅)を創業し、伊藤忠財閥の基礎を作った実業家

ゆかり

うぃりあむ・めれる・ヴぉーりず

ウィリアム・メレル・ヴォーリズ
1880年~1964年アメリカ
建築家実業家社会事業家信者

関西学院大学などを設計した建築家であり、メンソレータムで有名な医薬品メーカー「近江兄弟社」の創業者

出身者

うのそうすけ

宇野宗佑
1922年~1998年滋賀県
守山市
大臣議員

スキャンダルにより69日で退陣した第75代内閣総理大臣

ゆかり

えいさい

栄西
1141年~1215年岡山県
僧侶

聖福寺・建仁寺などを創建し、臨済宗を開祖した平安末期・鎌倉時代の僧侶

出身者

えんどうなおつね

遠藤直経
1531年~1570年滋賀県
米原市
武将

浅井長政の家臣で、勇兼備の謀将として知られたが、姉川の戦いで捕えられ斬首された戦国武将


 他の都道府県の出身者・ゆかりのある人物については、「人物の都道府県一覧」をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました