滋賀県の出身者・ゆかりのある武将・武士

概要

 滋賀県で生まれたり、滋賀県にゆかりのある武将・武士の一覧を掲載しています(五十音順)

 ※出身地は生まれた都道府県、出身地の市町村は現在の市町村、出没年は西暦で掲載しています。

一覧

名前出没年出身地概要
出身者

あさの ながあきら

浅野 長晟
1586年~1632年滋賀県
大津市
武将藩主

浅野長政の次男で、足守藩主、和歌山藩第2代藩主、広島藩初代藩主などとなった人物

出身者

あさの よしなが

浅野 幸長
1576年~1613年滋賀県
大津市
大名武将藩主

浅野長政の長男で、甲斐国の領主となるが豊臣秀次を擁護し配流となり、その後関ヶ原の戦いでの功で初代紀州藩主となった大名・武将

出身者

あざい すけまさ

浅井 亮政
1491年~1542年滋賀県
武将

北近江の国人で京極氏の家臣であったが、京極氏の内紛に乗じ、北近江の支配を確立した戦国武将

出身者

あざい ながまさ

浅井 長政
1545年~1573年滋賀県
近江八幡市
武将

戦国時代に北近江を支配し、浅井家の最盛期を築いたが、織田信長に滅ぼされた武将

出身者

あざい ひさまさ

浅井 久政
1526年~1573年滋賀県
大名武将

父・浅井亮政の跡を継ぐが、勢力の弱体化を招き、六角氏に従属することとなった戦国大名

出身者

あしかが よしはる

足利 義晴
1511年~1550年滋賀県
近江八幡市
将軍武将

管領・細川高国に擁立され将軍になるが、細川高国の敗北後、地位が安定せず、入京・逃亡を繰り返した室町幕府第12代将軍

出身者

あつじ さだゆき

阿閉 貞征
不明~1582年滋賀県
武将

浅井家の家臣であったが、織田信長に降伏・臣下となり、山崎の戦いでは明智光秀に与し敗北・処刑された戦国武将

出身者

ありま はるのぶ

有馬 晴信
1567年~1612年滋賀県
大名武将藩主

日野江藩初代藩主で、大友宗麟大村純忠と共に天正遣欧少年使節を派遣したキリシタン大名

出身者

いい なおすけ

井伊 直弼
1815年~1860年滋賀県
彦根市
幕臣藩主

幕末に幕府の大老として開国を推し進め、安政の大獄などを行い、桜田門外の変で暗殺された彦根藩

ゆかり

いい なおたか

井伊 直孝
1590年~1659年静岡県
焼津市
大名武将藩士

白井藩主・彦根藩主を務め、大坂夏の陣でも活躍し、譜代大名の重鎮として幕府を支えた大名・武将

ゆかり

いい なおまさ

井伊 直政
1561年~1602年静岡県
浜松市
大名武将

「徳川四天王」の1人で徳川家康に仕え、数々の戦功をあげ、高崎藩主・彦根藩主となった戦国大名・武将

出身者

いしだ みつなり

石田 三成
1560年~1600年滋賀県
長浜市
大名武将

豊臣政権の五奉行の一人で、関ヶ原の戦いの西軍の主導者である大名・武将

出身者

いその かずまさ

磯野 員昌
1523年~1590年滋賀県
武将

武勇に長け浅井家・織田家に仕えたが、織田信長に叱責され出奔した戦国武将

出身者

えんどう なおつね

遠藤 直経
1531年~1570年滋賀県
米原市
武将

浅井長政の家臣で、勇兼備の謀将として知られたが、姉川の戦いで捕えられ斬首された戦国武将

出身者

おおたによしつぐ

大谷吉継
1559年~1600年滋賀県
大名武将

豊臣秀吉子飼いの武将で敦賀城主となり、関ヶ原の戦いで石田三成を支えた大名・武将

ゆかり

おだ のぶなが

織田 信長
1534年~1582年愛知県
大名武将

天下布武を掲げ、畿内を中心に多くの領地を支配し、全国統一の先駆けをなした戦国時代の大名・武将

出身者

かたぎり かつもと

片桐 且元
1556年~1615年滋賀県
長浜市
武将藩主

賤ヶ岳の七本槍の1人であり豊臣家の直臣で初代竜田藩主となったが、方広寺鐘銘事件で徳川方に転じた戦国時代の大名・武将

出身者

かわだ ながちか

河田 長親
不明~1581年滋賀県
武将

上杉謙信に見出され家臣となり、智勇兼備の武将として、奉行職や越中攻略などで活躍した戦国武将

出身者

がもう うじさと

蒲生 氏郷
1556年~1595年滋賀県
日野町
大名武将

豊臣秀吉に仕え、日野城主・松阪城主になり、最後は黒川城主として92万石の大名に出世した戦国武将

ゆかり

きょうごく たかきよ

京極 高清
1460年~1538年頃不明
大名武将

京極家を二分した京極騒乱を治め、北近江を領したが、浅井亮政に敗れ、領土を失った戦国大名


 他の都道府県の出身者・ゆかりのある人物については、「人物の都道府県一覧」をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました