山梨県の出身者・ゆかりのある人物

概要

 山県の出身者や山県にゆかりのある人物の一覧を掲載しています(五十音順)

 ※出身地は生まれた都道府県、出身地の市町村は現在の市町村、出没年は西暦で掲載しています。

一覧

名前出没年出身地概要
ゆかり

あさの よしなが

浅野 幸長
1576年~1613年滋賀県
大津市
大名武将藩主

浅野長政の長男で、甲斐国の領主となるが豊臣秀次を擁護し配流となり、その後関ヶ原の戦いでの功で初代紀州藩主となった大名・武将

出身者

あさり よいち

浅利 与一
1149年~1221年
中央市
武将

源頼朝の家臣で、弓の名手として、壇ノ浦の戦いや奥州合戦で戦功を立てた平安・鎌倉時代の武将

出身者

あとべ かつすけ

跡部 勝資
不明~1582年
武将

武田家に仕え、武田勝頼の側近として活躍するが、武田家没落の原因となった奸臣として評される戦国武将

出身者

あなやま のぶただ

穴山 信君
1541年~1582年
武将

親族衆として武田信玄武田勝頼に仕えていたが、甲州征伐ではいち早く離反した戦国武将

出身者

あなやまのぶとも

穴山信友
1506年~1561年
武将

武田氏の御一門衆として、武田信玄に仕え、今川家との外交を担った戦国武将

出身者

あまり とらやす

甘利 虎泰
1498年頃~1548年
武将

武田信虎武田晴信に仕えた譜代家老で、上田原の戦いで晴信を守り戦死した戦国武将

ゆかり

いしばし たんざん

石橋 湛山
1884年~1973年東京都
港区
大臣議員ジャーナリスト

戦前にはジャーナリストとして『東洋経済新報』で日本の植民地政策を批判するなどし、戦後に内閣総理大臣に就いた政治家・ジャーナリスト

出身者

いたがき のぶかた

板垣 信方
1489年頃~1548年
武将

武田二十四将、武田四天王の一人で、武田晴信のもと家臣団の筆頭格として活躍したが上田原の戦いで討死した戦国武将

出身者

いちじょうのぶたつ

一条信龍
不明~1582年
武将

武田信玄の弟で、戦での後衛や駿河の守りなどを任され、甲州征伐で討死した戦国武将

出身者

いのうえ まきお

井上 真樹夫
1938年~2019年
甲府市
声優俳優

アニメ『ルパン三世』の石川五ェ門役やアニメ『巨人の星』の花形満役などでで知られる声優

出身者

おおくぼ ながやす

大久保 長安
1545年~1613年
武将幕臣

武田家滅亡後、徳川家に仕え、石見・佐渡・伊豆の金山・銀山の開発で大きな成果を挙げた戦国武将

ゆかり

おおくま ともひで

大熊 朝秀
不明~1582年新潟県
武将

上杉謙信の家臣だったが、上杉謙信の出家騒動で反旗を翻し、武田家の家臣となった戦国武将

出身者

おがさわら ながきよ

小笠原 長清
1162年~1242年
北杜市
武将

武田信光・海野幸氏・望月重隆と並んで「弓馬四天王」と称され、源頼朝に仕えた平安・鎌倉時代の武将

出身者

おがわ まさこ

小川 正子
1902年~1943年
笛吹市
医者

戦前に、ハンセン病在宅患者の収容に赴き、手記『小島の春』を著し、「小島の春現象」をもたらした医師

出身者

おさの けんじ

小佐野 賢治
1917年~1986年
甲州市
実業家

ロッキード事件での証人喚問で「記憶にございません」という言葉を繰り返しことでも知られる、バス事業「国際興業」の創業者

出身者

おざわ かいさく

小沢 開作
1898年~1970年
活動家医者

世界的指揮者・小澤征爾の父で、戦前、満州国の建国・発展の理想のもと活動した民族主義者・歯科医師

ゆかり

おばた かげのり

小幡 景憲
1572年~1663年不明
武将学者

徳川家などに仕えた武将で、甲州流軍学の創始者として知られる軍学者

ゆかり

おばた まさもり

小幡 昌盛
1534年~1582年不明
武将

武田二十四将の一人で、高坂昌信を補佐し、第4次川中島の戦いなどで活躍した戦国武将

ゆかり

おばたとらもり

小幡虎盛
1491年~1561年静岡県
武将

武田信虎武田信玄2代に仕え、歴戦の勇者として、甲斐統一や今川氏・北条氏と戦いなどで活躍した戦国武将

出身者

おぶ とらまさ

飯富 虎昌
1504年~1565年
武将

武田信虎武田信玄に仕えた譜代の家老衆だが、義信事件に連座し切腹した戦国武将


 他の都道府県の出身者・ゆかりのある人物については、「人物の都道府県一覧」をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました