奈良県の出身者・ゆかりのある人物

概要

 奈良県の出身者や奈良県にゆかりのある人物の一覧を掲載しています(五十音順)

 ※出身地は生まれた都道府県、出身地の市町村は現在の市町村、出没年は西暦で掲載しています。

一覧

名前出没年出身地概要
ゆかり

あかつか ふじお

赤塚 不二夫
1935年~2008年中国
漫画家タレント

漫画『天才バカボン』『おそ松くん』『ひみつのアッコちゃん』などを生み出した漫画家・タレント

ゆかり

うんけい

運慶
不明~1224年不明
彫刻家

興福寺『無着・世親像』、東大寺南大門『金剛力士像』などを制作した鎌倉時代を代表する仏師の1人

ゆかり

おおくぼ ただちか

大久保 忠隣
1564年~1651年愛知県
大名武将藩主

徳川家康に仕え、数々の戦で功を挙げ、小田原藩主となるが、改易に処せられた戦国大名

ゆかり

おおつのみこ

大津皇子
663年~686年福岡県
福岡市
皇族

天武天皇の崩御後、川島皇子の密告により、謀反の疑いがあるとして捕えられ自害した天武天皇の皇子

出身者

おおとものやかもち

大伴 家持
718年頃~785年奈良県
奈良市
歌人公家

三十六歌仙の一人で、『万葉集』の編纂に携わった奈良時代の代表的な歌人

ゆかり

おだ のぶかつ

織田 信雄
1558年~1630年愛知県
江南市
大名武将藩主

織田信長の次男で、小牧・長久手の戦い後、豊臣秀吉徳川家康に仕え、宇陀松山藩などとなった戦国大名・武将

ゆかり

かいけい

快慶
不明~不明不明
彫刻家

興福寺『弥勒菩薩像』、東大寺南大門『金剛力士像』『僧形八幡神像』などを制作した鎌倉時代を代表する仏師の1人

ゆかり

かきのもとのひとまろ

柿本 人麻呂
不明~不明不明
歌人

『万葉集』の代表的な歌人

ゆかり

かたぎり かつもと

片桐 且元
1556年~1615年滋賀県
長浜市
武将藩主

賤ヶ岳の七本槍の1人であり豊臣家の直臣で初代竜田藩主となったが、方広寺鐘銘事件で徳川方に転じた戦国時代の大名・武将

出身者

かんむてんのう

桓武天皇
737年~806年奈良県
天皇

平城京から長岡京・平安京への遷都を行った第50代天皇

ゆかり

がんじん

鑑真
688年~763年中国
僧侶

5度渡海に失敗しながらも来日し、日本での仏教の戒律の確立に尽力し、律宗の開祖となり、唐招提寺の創建などを行った奈良時代の僧侶

ゆかり

ぎょうき

行基
668年~749年大阪府
堺市
僧侶

朝廷からの弾圧や禁圧を受けながらも布教を続け、民衆からの支持を得て、東大寺大仏建立に携わり、聖武天皇から大僧正に任ぜられた僧侶

出身者

こうけんてんのう

孝謙天皇
718年~770年奈良県
天皇

橘奈良麻呂の乱・藤原仲麻呂の乱・宇佐八幡宮神託事件などを招いた第46代・第48代天皇

出身者

こうとくてんのう

孝徳天皇
596年~654年奈良県
天皇

乙巳の変で皇極天皇から譲位を受けて即位した第36代天皇

出身者

こうぶんてんのう

弘文天皇
648年~672年奈良県
天皇

天智天皇の第一皇子で、太政大臣に任じられるが、天智天皇の弟である大海人皇子に壬申の乱で敗北し自害した第39代天皇

出身者

こまい きさく

駒井 喜作
1897年~1945年奈良県
御所市
活動家

阪本清一郎西光万吉とともに水平社を創立した「三人男」の一人であり、後に殺人事件を犯した人物

ゆかり

ごだいごてんのう

後醍醐天皇
1288年~1339年京都府
天皇

鎌倉幕府を倒幕し、建武の新政を行うが失敗し、足利尊氏との戦いに敗れ、大和吉野へ入り、南朝を樹立した第96代天皇

出身者

さいこう まんきち

西光 万吉
1895年~1970年奈良県
御所市
活動家

戦前に全国水平社の設立に中心的な役割を果たし、全国水平社宣言を起草した社会運動家

出身者

さいめいてんのう

斉明天皇
594年~661年奈良県
天皇

女性天皇で、乙巳の変で譲位、その後、重祚して再び即位した第35代・第37代天皇

出身者

さかのうえのたむらまろ

坂上田村麻呂
758年~811年奈良県
公家武将

桓武天皇を支え、二度にわたり征夷大将軍を務め、平安時代初期に蝦夷を討伐した人物


 他の都道府県の出身者・ゆかりのある人物については、「人物の都道府県一覧」をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました