愛知県の出身者・ゆかりのある人物

概要

 愛知県の出身者や愛知県にゆかりのある人物の一覧を掲載しています(五十音順)

 ※出身地は生まれた都道府県、出身地の市町村は現在の市町村、出没年は西暦で掲載しています。

一覧

名前出没年出身地概要
出身者

あさの ながまさ

浅野 長政
1547年~1611年愛知県
大名武将
豊臣秀吉などに仕え、太閤検地などを実施した大名・武将
出身者

あべ まさつぐ

阿部 正次
1569年~1647年愛知県
大名武将
徳川家康の家臣として、大坂の陣で功を挙げ、岩槻藩主・大坂城代などを務めた武将
出身者

ありが さつき

有賀 さつき
1965年~2018年愛知県
名古屋市
アナウンサータレント
フジテレビアナウンサーとして、女子アナブームの全盛期を飾ったアナウンサー・タレント
出身者

いけだ つねおき

池田 恒興
1536年~1584年愛知県
大名武将
織田信長の乳兄弟であり、重臣として織田信長豊臣秀吉に仕えた武将
出身者

いしかわ かずまさ

石川 数正
1533年~1593年頃愛知県
大名武将
徳川家康の家臣であったが、小牧・長久手の戦いの後に出奔し豊臣秀吉に仕え、松本藩の初代藩主となった戦国武将
出身者

いたくら かつしげ

板倉 勝重
1545年~1624年愛知県
岡崎市
武将幕臣
徳川家康に仕え、駿府町奉行・江戸町奉行として善政を行い、初代京都所司代となった武将・旗本
出身者

いとう まさお

伊藤 正男
1928年~2018年愛知県
名古屋市
学者
小脳研究の世界的権威として知られた生理学者
ゆかり

いまがわ よしもと

今川 義元
1519年~1560年静岡県
大名武将
「海道一の弓取り」の異名を持ち、駿河・遠江を支配したが、桶狭間の戦いで織田信長に討ち取られた戦国大名
出身者

おいちのかた

お市の方
1547年~1583年愛知県
その他
織田信長の妹で、初めは浅井長政の継室となり、後に柴田勝家の正室となり、北ノ庄城の戦いで夫とともに自刃した女性
出身者

おおくぼ ただたか

大久保 忠教
1560年~1639年愛知県
岡崎市
旗本武将
徳川家康に仕え、「天下の御意見番」とも言われた旗本・武将
出身者

おおくぼ ただよ

大久保 忠世
1532年~1594年愛知県
岡崎市
武将
徳川十六神将の1人に数えられ、二俣城主・小田原城主などとなった戦国時代の武将
ゆかり

おおくら ながつね

大蔵 永常
1768年~不明大分県
日田市
学者
江戸時代の三大農学者の一人で、『農家益』など多くの農業書を著し、三河国田原藩産物御用掛や遠江国浜松藩の興産方を務めた農学者
出身者

おおた ぎゅういち

太田 牛一
1527年~1613年愛知県
名古屋市
武将作家
織田信長の家臣で、信長死後は豊臣秀吉・秀頼に仕え、『信長公記』などを著した戦国時代の武将
出身者

おおはら ゆうがく

大原 幽学
1797年~1858年愛知県
学者
長部村(現:千葉県旭市)を拠点に、世界で初めて先祖株組合という農業協同組合を創設した、江戸時代後期の農学者
出身者

おかだ きくじろう

岡田 菊次郎
1867年~1962年愛知県
安城市
政治家
安城の開発に尽力し、「用水の神様」とも呼ばれた政治家

 他の都道府県の出身者・ゆかりのある人物については、「人物の都道府県一覧」をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました